仙台市青葉区一番町にある弁護士事務所、曽我法律事務所です。

10.借地上に建物を持っていましたが、津波で流されてしまいました。今現在更地になっているのをいいことに、地主さんが土地を売ろうとしているという話しを聞きました。誰かがこの土地を買ってしまうと、私はもう建物を建てられなくなるのでしょうか。

  • HOME »
  • »
  • »
  • 10.借地上に建物を持っていましたが、津波で流されてしまいました。今現在更地になっているのをいいことに、地主さんが土地を売ろうとしているという話しを聞きました。誰かがこの土地を買ってしまうと、私はもう建物を建てられなくなるのでしょうか。
1.滅失した建物を特定するために必要な事項、
2.滅失があった日、
3.建物を新たに築造することを記載した掲示物を、
土地上の見やすい場所に掲示しておけば、その間に土地が売られても借地権を失うことはなく、建物を建てるのを妨げられません。ただし、滅失した日から2年以内に建物を再築して登記することが条件です。なお、もしも罹災都市借地借家臨時処理法という法律が適用されれば、5年間無条件で借地権が保全されます。適用するかどうかは政府が決め、適用する場合は政令が発令されます。

借地借家・ローンのQ&A目次に戻る

PAGETOP
    Copyright © 2011-2017 曽我法律事務所 All Rights Reserved.