建物賃貸借契約は、目的物の滅失により終了します。

これに伴い、建物滅失後の家賃は発生しなくなります。

敷金の返還時期も到来するので、建物滅失前の家賃などの債務を差し引いた残りの敷金について、大家さんに返還を求めることができます。

借地借家・ローンのQ&A目次に戻る