修理が必要かつ可能なものであれば、大家さんはその修理をする義務があります。

天井や壁が崩れるというのは重大な損傷ですし、1LDKの住居において一部屋を使用できないあなたの不利益も大きいので、修理の必要性は基本的に認められると思います。修理の可能性も認められる可能性が高いと思いますが、修理が物理的に可能でも、過大な費用がかかるような場合などは否定されることもあります。

大家さんに修繕義務が認められる場合、費用は大家さんが負担するのが原則ですが、借家人の負担で修繕するという特約を結んでいることがあるので、契約書を確認してください。このような特約があったとしても、震災の場合まで有効であるとは一概に言えません。少なくとも、大家さんと交渉してみる余地はあるでしょう。

家賃については、大家さんの修繕義務のあるなしにかかわらず、一部屋を使用できない間は、その割合に応じて一部の支払いを拒むことができます。

借地借家・ローンのQ&A目次に戻る